車両系建設機械資格

対決!ピカイチVSヨシズミ

あまりの下らなさにどうしようかと思ったのですが、妙に面白い

ので、簡単に「対決」の模様をまとめてみます。

まずは、前回の対決の勝利者ヨシズミが「ラウンドガール」を

従えて登場です。

チャレンジャーはピカイチ・アマゾンさん。

油圧ショベルに乗って登場です。

「アマゾン・ジュニア」を抱えて出てきましたよ。

現在「差し押さえ中」の「小型車両系機械資格」を取り戻すべく、

対決します。

場所は富士山のふもと。

ホイールローダ、油圧ショベル、ブルドーザを使って5番勝負です。

ここで”達人”の技を見せてもらいますが、登場した”達人”は若い

女性です。

油圧ショベルにくくりつけられたジュースのビン。

これをレバーを操作して、まず栓抜きで栓を開け、グラスに注ぐ、という

『技』が、見事に成功しました。

このジュースを飲んで、対決の開始です!

Photo

ROUND1

『帰ってきた”あっち向いてホイ”対決』

油圧ショベルで、鋏型のアタッチメントを装備して、グー、チョキ、

パーのじゃんけんをし、あっちむいてホイ!となります。

慶応義塾大学楽友会のみなさんのコーラス付きで対決します。

やや間抜けなバックコーラスのもと、対決がはじまります。

なんとも不思議な「あっちむいてホイ」ですが、3勝1敗でピカイチさん

の勝利でした。

ROUND2

『ブルドーザーでバルーンを割る対決!』

ピカイチさんは青、ヨシズミさんは白の風船を割っていきます。

「地味な対決やな~!」と叫ぶピカイチさん。

ブルドーザーのニアミスがあったり、場外での思いがけない

対決があったり。ヨシズが妙に暴走を始めました。

危険です!

5分間の時間が終了し、割った数は青の風船が多く、ピカイチ

さんの勝利です!

2連勝しましたが、ピカイチVSヨシズミの対決は、そう簡単には

決まらないようです。

さあ、ここでちょっとティータイム。

達人がホイールローダで紅茶を入れてくれるようです。

ホイールの先端につけたスプーンで、ティーカップの紅茶に砂糖を

いれますが、大匙一杯入れますよ。一応入りましたから。

流石に達人です。

ピカイチさんもやってみますが、収拾がつかなくなって途中で中止

になってしまいました。

ROUND 3

『満タン サバイバル対決』

ホイールローダのバケットに1.3トンの水を入れ、コースを回って

どのくらい水をこぼさずにゴールできるか、という対決です。

「これも地味な勝負やなあ」とつぶやくピカイチさんですが、

ふたりともかなりの水をこぼしています。

ゴールして、残った水を水槽に入れます。

ナミナミと水が入っていたピカイチさんのホイールローダだったの

ですが・・・・・、なんと位置の目測を誤って、水は水槽のはるか

前方に注がれ、地面に大きな水溜りを作ったのでした。

「オ~イ!」と叫ぶピカイチさん。

大笑いのヨシズミさん。

余裕で自分の水を注ぐヨシズミさんです。

が、結果は意外な小差でヨシズミさんの勝ち!

ふたりとも1,3トンの水が、どこに行ったのやら。

ROUND 4

『パターゴルフ対決』

油圧ショベルのバケットの先につけた「パター」でゴルフ対決です。

テーブルの上に作られた特設コースを壊しても、パターを折っても

負けになります。

ヨシズミさんの第1打は40センチ。

ピカイチさんの第1打も・・・・40センチ。同じです!

第2打。

ヨシズミさん、コースはよかったものの、カップに嫌われてOBです。

ピカイチさんの第2打。

カップにまっしぐらに進み、カップイン!!

凄いショットでした。見事な勝利で3対1。

しかし、最終対決は”ジャンピングチャンス”付きという、どんでん返し

もありの大勝負です。さあ、どうなることやら。

ROUND 5

『重機トライアスロン対決』

① ホイールローダのS字走行

② ブルドーザでのドラム缶運び

③ 油圧ショベルでの玉入れ

まずS字走行。ふたりとも狭いS字コースを走ります。

ピカイチさんがまずブルドーザに乗り換えます。

動き出したと思ったら、エンスト!?

なんとか動かし、ドラム缶を運び始めます。

ヨシズミさんは、地面を掘っています!ドラム缶が持ち上がりません。

リードを保って、油圧ショベルに乗り換えます。

乗り込んだところで、あら、備えてあった小型カメラ破壊!

自ら修復しますが、やや時間ロスです。

さあ、バスケットボールをショベルですくい、かごにいれようと

しますが、惜しいことに入りませんでいた。

ヨシズミもかごにいれようとして、おっとかごを壊してしまいました。

それを見たピカイチさん、落ち着いてボールをいれ、見事に成功!

あとはゴールまで走るだけです。

ゴールテープを切ると、花火まで上がって、ピカイチさんの勝利を

祝します!!

リベンジを果たしたピカイチさん、封印された小型車両資格を

取り戻し、ヨシズミの資格が封印されてしまいました。

ピカイチさん、『資格ゲッター』の面目躍如ですね!!

| | コメント (0)

ピカイチ★アマゾンの『車両系建設機械資格』挑戦!

ピカイチさんが「ピカイチ★アマゾン」となって最初に挑戦するのが

「車両系建設機械資格」です。

なぜ「ピカイチ★アマゾン」なのかは、新しいオープニングの制作に

関連があるのですが、ここでは省略。

で、ピカイチさんは相棒となったワニ(?)のぬいぐるみと共に登場です。

「小型車両系建設機械資格」は3トン未満の車両ですが、今度

挑むのは重量無制限の「車両系建設機械資格」なのです。

大型特殊の免許をもつピカイチさんは、特別キャリキュラムで

試験を受けることができます。

1日目 学科講習 8時間

2日目 学科講習 1時間  学科試験 1時間

     実技講習 5時間  実技試験 1時間

この最初の学科講習にワニの「紀之」と出席します。

いつになく真剣なピカイチさんです。

午後の講習では、「紀之」を枕代わりに寝てしまいそうです。

大丈夫でしょうか?

二日目の試験前の講習を受け、ついに学科試験です。

70問も出題されるという試験に「わからん!」というピカイチさん。

採点の結果が発表されます。

順番に名前が呼ばれますが、・・・・「堂本さん」と呼ばれましたよ。

「紀之」も大喜びです。

70点満点の59点でした。

さあ、次は実技講習です。

こんなピカイチさん↓(講習中です)

Photo_3

実技講習では、大型建設機械を操ります。

ホイールローダ、ブルドーザ、油圧ショベルに挑戦です。

① ホイールローダを使った土砂の積み込み作業

    まずは基本操作を復習します。安全確認をしっかりして、現場に

    向かい、作業に入ります。

    バケットに土砂を積み、ダンプカーに積むつもりで降ろします。

    今度はひとりでの操縦になります。

    バケットを下ろして土砂を積み込みますが・・・・、先生に指示して

    もらいながらやり直しです。

    きれいに決まりましたね。やれやれ、ですね。

② ブルドーザで荒れた地面を平らにする「整地作業」

    ブルドーザは「建設機械の王様」だそうですよ。

    しかし、平らにするというよりも、掘り返しているようす。

    これでいいのでしょうか?

③ 油圧ショベルでの掘削作業と積み込み作業

    掘削した土砂の量もぴったり。

    こぼすことなくしっかり作業ができています。

    先生にも褒められましたよ。ショベルには自信があるようです。

さあ、あとは最終実技試験です。

ライバル「よしずみ」さんも同様に試験に挑んでいます。

学科をすんなり通過して実技講習。

これでふたりとも実技試験を残すのみ。

いよいよ実技試験です。

「ブルドーザは斜めの作業などもあって、見た目以上に難しい」

と語るピカイチさんです。

実技試験は、講習で使った3台のうち「油圧ショベル」を使っての試験です。

コースができていて、

スタートして土砂を掘削して、運搬車の荷台に3回積み込みます。

スタート地点に戻って終了。

自信満々のピカイチさんですが・・・・・。

掘削した土砂が「特盛り」になっていますよ。

かなりこぼれそうです。

運搬車までの距離がやや足りないか?

2回目の掘削も不安定ですよ。大丈夫でしょうか。

3回目はやや少なめの土砂の量になりました。

運搬車に積み込んで作業完了です。

結果は・・・・・・

● 発進がスムーズでない -3点

● 走行時のバケットが高すぎる -3点

● 掘削時のバケットの角度が悪い -5点

● 掘削時の土量が不適当 -3点

● 掘削時の不円滑な操作 -3点

● 運搬車との距離が不正確 -3点

以上-20点で、80点でした。「合格」です!

通算19個目の資格です。おめでとうございます!

・・・・あれ、教官たら「サインください」って、職権乱用ですね!

ライバル「よしずみ」も実技試験の結果、いろいろ失敗もあったよう

ですが、82点で合格でしたよ。

ふたりとも無事に合格しました。よかったですね。 

| | コメント (0)