そば打ち名人資格

そば打ち名人”資格”?!

『そば打ち名人』とは”資格”なのか?

なんだかもうひとつ分からない気が・・・・。

まあ、なにはともあれ、『修行』から始まります。

とあるおそば屋さんで、掃除からスタート。

テーブルを拭き、のれんを掛け、お客さんを待ちますよ。

かなり暇そうなピカイチさんですが、お昼どきになってようやく少し

忙しくなってきました。

お客さんに注文を聞き、できあがったものを出します。

このあたりの接客ぶりは、かなり手馴れた感じ。

電話注文にも対応しますよ。

出前の注文を受けて、ピカイチさんは10人前のそばを届けます。

届け先は日本テレビ。

15分くらいかかります、と気軽に言っていたピカイチさんですが、

バイクで出発したものの、道が分からず、

たっぷり1時間もかかってしまいました。

しかも、てんぷらそばがひとつ足りませんでした。

ひとつの「てんぷらそば」を二人分と、苦しい言い訳をするピカイチ

さんなのでした。

お店にもどって、そばのゆで方とてんぷらの揚げ方を教えて

もらいます。なんとか、制限時間の5分で作り、お客さんに出して

みます。

「おいしい!」と言ってもらえて嬉しそうなピカイチさんでした。

こうして修行したあと、いよいよそば打ち道場で試験に挑みます。

”そば道場 あらかわ亭”

で、『そば打ち名人』試験が行われるのですが、まず「そば打ち講習」

を受けます。

生地作りです。

① そば粉と小麦粉の比率は6:4で混ぜる

② これに水200ccを少しずつ混ぜる

③ 耳たぶくらいの固さにこねる。(400回くらいこねる)

④ 「へそ」と言われる部分を中心に生地をまとめ滑らかにする。 

⑤ 丸い玉に仕上げる

頑張るピカイチさんはこんな感じです。↓ 

Photo

⑥ 丸出し=均一な丸になるように伸ばす

⑦ 四つ出し=穴などを開けずに四角く生地を伸ばす(薄さ1~1.5ミリ)

⑧ 幅10センチの八つ折にする

⑨ 均一な細さでリズミカルに切る(細さ1~1.5ミリ)

⑩ 40~50秒間すばやく茹で冷水にさらす

⑪ 麺のコシ、歯ざわり、香りが最終ポイント

実技講習終了で「半端じゃない、疲れた~!」というピカイチさん。

作ったそばを食べてみます。味はよさそうですが・・・。

さあ、試験前の特訓に入りますよ。

・・・・・・・・・。

試験は制限時間60分(そばを切るまで)、25項目中20項目を

クリアしなければなりません。

15分経過。

「伸ばし」の作業に入ります。

見事に四角に伸ばしています!特訓の成果ですね!

時間を24分も残して作業終了です。

「クーラーで乾燥するでしょ」というピカイチさん。

そこまで考えて短い時間で仕上げたようです。さすがです!

順番にそばをゆでて、審査員に食べてもらいます。

緊張の瞬間ですね。

判定です。

減点項目が4点

  * 伸ばしに段差があった

  * たたみ幅が短かった

  * 麺に切れが生じた

  * 包丁が垂直に入っていなかった

25項目中21項目クリアで『合格』でした!

『そば打ち名人』の誕生ですよ!

おめでとうございます!

| | コメント (0)