大型特殊免許

大型特殊自動車運転免許!

『超難関資格』とか。

警察の管轄ですって。『適正検査』があるらしいです。

普通免許をとってから3年以上たっていないと取得資格がないそう

ですよ。

適性検査に合格したら、受験日の予約をして受験票を受け取ります。

この「技能試験」は一発勝負ですって!

そこで、技能試験一発合格を目指して教習を受けます。

さすがに「大特」です。

総重量6トンというホイールローダを使っての講習です。

タイヤも大きいですよ。こんな大きさ↓

Photo

追突したら、一般の乗用車では潰れてしまうそうですよ。

まず、教官と同乗して大型特殊の動きを体験します。

バケットを上げて、公道を走りますが、かなりのスピードが出る

ようです。

コーナーでは内輪差が全くないそうです。

さて、直進走行とコーナリングの講習から始まります。

ピカイチさんの初挑戦です!

まず、バケットを上げます。

前後の安全確認をして、スタートします。

まっすぐ走るのも安定感がないために難しいといいます。

「変なの、変なの」と言うピカイチさんですが、「内輪差がないって、

こういうことなのね」と納得しています。

これが一番違うところだそうです。

「コーナーを曲がるごとにクネクネしている感じがする」とピカイチ

さんは語っています。

走る講習のあとは「車庫入れ」です。

前後左右を確認し、車庫入れ。最初から大成功です。

何度も練習してニアピンで停止に成功。

続いて、実際のコースを使っての「実践模擬走行」

バケットを上げてスタート。カーブを順調に曲がって、また車庫入れ。

障害物をクリアして、アクセル全開で走ってみます。

訓練の総仕上げは、教官が降りて、ひとりでの走行になります。

「スピードあげます!」「曲がりま~す!」といい調子です。

「ここからフルスロットル!」「行け~!オリャ~!」と飛ばしますが、

縁石がギリギリで・・。ちょっと危なかった。

とにかく訓練は終わりました。

この調子でいけば大丈夫、と教官にいってもらえました。

さあ、いよいよ技能試験です!

なんといっても『一発勝負』ですから。

減点方式による『一発勝負』です。

受かったら「中華サラダ」が食べたい、というピカイチさん。

警察内のコースを使っての試験のため、撮影ができません。

なんと本籍と現住所が分からなかったというピカイチさん

ですが、試験の結果はどうなんでしょうか。

合格なら「赤いスカーフ」不合格なら「黒いスカーフ」という約束です。

さあ、ピカイチさんが出てきました。走って逃げて行きます!

やっと捕まえたと思ったら、赤と黒の両方のスカーフをしていますが、

見事に「大特」ゲットしました。

ちゃんと免許証に「大特」の文字が載りましたよ!

おめでとうございます。

今回10人が受験して、4名が合格。

超難関資格をゲットできました!!

| | コメント (0)