ラッピングコーディネーター

ラッピングコーディネーターに挑戦!

次にピカイチさんが目指すのは

『ラッピングコーディネーター』です。

2日間の講習&試験です。

1日目  実技講習6時間(包み方、リボンなど)

      学科講習1時間

2日目  実技試験1時間

      学科試験1時間

やはり女性が多い講習会場で、男性はピカイチさんひとりです。

「ラッピング協会」主催なんですね。

どんなものでも包める、というのが『ラッピング』だそうです。

まず基本は『合わせ包み』

箱に合わせて紙を切り、寸法を合わせて包みます。

試験には「ピローBOX」包みとかが出るそうです。

ピロー(まくら型)を包みますが、中身の上下(天地)にも気をつけ

ないといけません。

簡単そうに見えて、けっこう肩が凝っているピカイチさんです。

「風呂敷包み」を学びます。

丸いのもは「円柱包み」で包みます。

天地が正しく、合わせ目が裏にくるように、包装紙の柄を揃えるように

注意します。

リボンの『斜めがけ』『十字がけ結び』も教えてもらいました。

続いて学科講習に入りますが、かなり眠そうなピカイチさんでした。

「ロープワークはいいねえ」とおっしゃるピカイチさんですが、

「ロープ」と「リボン」はかなり違うと思いますが・・・・。

ただ、「几帳面さ」は先生から褒められていましたよ。

さあ、いよいよ試験に挑みます。

まずは学科試験ですが、50問の問題が出されます。

例・「はなむけ」とは、旅をする方向に( )の鼻を向けて贈った

  ことから「鼻むけ」というようになった。(答え・馬)

例・のし袋につけ「水引」の結び方は色の濃いほうが(  )側に

  くる。(答え・右)

といった問題が出されるようです。

ピカイチさんはかなり不安そうに出てきました。

次が実技試験です。

ピカイチさんが「苦手」と言っていた「斜め包み」が出されましたよ。

「ピローBOX包み」もしなければなりません。

両方を1時間で仕上げなければいけないのですが、まず、紙を箱

に合わせて切らなければいけません。

それは置いといて、「ピローBOX」から先に仕上げることにしたよう

です。なんとか「斜め結び」もやってみましたが・・・・・。

非常に不安そうなピカイチさんです。

学科試験から採点されます。

とりあえず合格したようですが・・・・・。

実技はどうでしょうか?

ピカイチさんは、

”「斜め包み」の後ろの処理が汚い。自分の席の周りが汚い”

と厳しく注意されましたが、包み方は間違っていなかった、という

ことで合格しました。

早速「マグカップ」を包んでみます。

紙に切り目を入れて、持ち手を出してカップを包みます。

リボンをくるっと回して掛けて、可愛いクマのぬいぐるみを入れて

完成!

なるほど!可愛いぬいぐるみを入れるのはいいですね。

かなり感心してしまいましたよ。

取った資格はちゃんと生かしましょう!

| | コメント (0)