« 2011年8月 | トップページ | 2011年11月 »

新人スチュワーデス激励!

すぴいちさんは今回は、新人スチュワーデスさんへの激励という

依頼をいただきましたよ。

なんだかニヤニヤしているすぴいちさんです。

まずは先輩たちのお話を聞きますが、よく空港で見かける

スチュワーデスさんの荷物には何が入っているのか、興味深々の

すぴいちさんは、荷物の中身拝見です。

マニュアル本や機内アナウンスの原稿、英語の辞書、

機内用ローヒールの靴、ビタミン剤、ゴルフボール(足のツボ押し用)

非常用マニュアル、など。けっこう必需品が多いんですね。

乗務員のための訓練用の機体があって、そこでは、機内アナウンスを初めとして数々の訓練が行われています。

救命胴衣の付け方の説明を聞きますが、すぴいちさんも実際に救命胴衣

を膨らましてみます。

なかなか経験できないことですね。やってみるとパンパンになるそうです。

普通は説明を聞くだけで、膨らますことなんてありませんからね。

貴重な体験です。

機内食サービスも体験します。

和食・洋食どちらもおいしそうですね。

品質にはかなり気を使っていらっしゃるとのことです。

新人時代には、箸の置き位置を間違えたり、食器の並べ方を間違えたり

するそうです。

ここで、すぴいちさんのミニ知識!。

パイロットと副パイロットは別のものを食べるそうです。

万が一、食中毒になったら困るからだそうです。確かにそうですよね。

救難訓練センターでの訓練にも参加します。

非常時の脱出訓練をしますが、避難用の滑り台を滑ってみるときの

ポーズにも注意が必要です、

足を肩幅に開いて前傾姿勢で手を握って前に出す、というポーズです。

矢島アナと一緒に参加しますが、矢島アナの脱出はあまりカッコよく

はなかったですね。

すぴいちさんは「ジャンプ アンド スライド」という華麗な滑りかたを

しましたが、一般の方が真似をすると危険と言われています。

が、「なかなかステキでしたheart」と褒められました。

まさに「鳥になったすぴいちさん」でしたよ。

さらに、総合訓練も体験します。

非常事態のシュミレーションから。

離陸直後に非常事態が発生します。

ライトが消え、煙が出て、非常ベルが鳴り、滑り台で脱出します。

暗闇でしかも煙が出てくると、訓練とわかっていてもパニックに

なりそうで、怖かったと言っていました。

乗務員は最後に脱出して訓練終了です。

続いて海上脱出の訓練です。

着陸直前に緊急事態が発生という設定です。

着水していることが確認できたら、

座席の下から救命胴衣を取り出してつけ、まだ膨らませないで、

脱出しますが、乗務員は最後に救命ボートを機体から切り離します。

このとき機体に繋がっているときと、切り離したときで、

かなり落差があるので、注意が必要です。

すぴいちさんは、このときの落差にビックリでした。

これも体験しないとわからないことですね。

様々な体験をして、いよいよ「激励スピーチ」です。

若い新人さんたちは、すぴいちさんを見て、

ワーッと盛り上がりました。

いきなり、

「ニューヨークに行きたいか!」から始まりました。

新人さんたちみんな笑顔です。

地上訓練で失敗したこともあるでしょうが、それを糧にしてステキな

スチュワーデスさんになってください。

飛行機に乗るというだけでワクワクします。

それはスチュワーデスさんに会えるということも含んでいます。

お客さんの思い出作りにも大きな役割を担っているわけです。

会社も新人さんに期待していると思います。

・・・・・・・・。中略)

最後にこの言葉を贈ります。

「ごまめでも尾頭つき」

(なりは小さくても一人前で立派な姿である、という意)

最後はお得意のユニークな(?)ことわざで締めくくった

すぴいちさんでした。

| | コメント (0)

「特別救助隊」(レスキュー隊)激励、というより体験!!

今回のすぴいちさんへの依頼は消防署の「特別救助隊」への激励

です。

まずは、消防署の内部を見学させてもらいます。

緊急出動のための「すべり棒」というのがあって、2階からこれを

使って降下しますが、さっそく体験してみるすぴいちさんです。

消防車も間近に見て触ってみます。

防火服は20キロもあるそうで、これを着て空気の入ったボンベ

もつけ、防火ヘルメットもかぶり消防士さんの誕生です。

わずか45秒で緊急出動の態勢を整えるそうですよ。

そうこうしている間に、訓練開始です。

訳のわからないすぴいちさんも一緒に乗せて、消防車が走り出し

ました。他の車がちゃんと止まってくれて、感動するすぴいちさん

です。

緊急出動訓練のあとは、消防隊の放水訓練も体験。

「フォクガン」と言って、一般のノズルの3分の1以下の水量で消化

ができるそうです。

「はしご車」にも乗せてもらいます。

30メートルの高さまで伸びるそうで、360度旋回したりするそうです。

ここで、本物の出動もあって、ちょっと慌てるすぴいちさんです。

さて、いよいよ「特別救助隊」の訓練に参加します。

まず、4人が力を合わせて行う『障害突破』の訓練です。

3メートルの壁を乗り越えますが、一度は壁の前で止まってしまった

すぴいちさん。再度の挑戦でやり遂げました!

気持ちよさそうに壁の上に立ちあがっています!

次は『ロープブリッジ』救出訓練といって、20メートルのロープを

腕だけで伝って行きます。

なんとかゴールに到達しましたが、かなりしんどそうです。

帰りは救出される側になって戻ってきました。

これは速かった!貴重な体験ですね。

さまざまな救助機材も見せてもらいます。

『インパルス銃』というのがあります。

空気の圧力で水を出し、打ち出すもので、すぴいちさんビックリです。

やってみますよ。凄い衝撃のようです。

「オレ撃ってるのに撃たれたみたい!」と言うすぴいちさん。

炎上した車から屋根を切り出して救助する訓練をします。

矢島アナが救助される役になり、実戦さながらの訓練です。

インパルス銃で消火し、エンジンカッター、油圧カッターで各部

を切断。ガラスを割りますが、フロントガラスはかなりの強度。

屋根を切り取って持ち上げ、完全な「オープンカー」状態です。

これで救助完了です。

さあ、これまでの訓練をもとにして、すぴいちさんはどんな激励

スピーチをするのでしょうか?

特別救助隊の決意表明に続いてすぴいちさんのスピーチです。

「敬礼!」から始まって、すぴいちさんも緊張しています。

生まれて初めて「消防署」の中を見せていただき、訓練にも参加

させていただいて驚きました。

大変なお仕事だともいます。

こんなことわざがあります

『水火を辞せず』

(どんな苦難にあってもくじけずにやりぬくこと?)

家族をお持ちの方も多いでしょうが、毎朝「行ってきます」と

出かけてこられるみなさんには、重い言葉なんだろうと思います。

いわば、危険に向かって出かけられるわけですから。

もうすぐ全国大会があるそうですが、今みなさんの持っている力を

出し切っていただきたいと思います。

最後にこの言葉を捧げたいと思います

『慌てる蟹は穴へ入れず』

(慌て者は失敗する、の意)

相当緊張したすぴいちさんでした。

| | コメント (0)

新人ナース激励!

今回は「新人ナース」激励の依頼を受けたすぴいちさん。

なぜか、血圧の測定、採血検査などを受けることになってしまい

ました。なりゆきとはいえ、やや疑問を感じるすぴいちさんです。

新人ナースさんたちは、厳しい実務研修の真っ最中ですが・・・。

すぴいちさんたちは、なぜか、ナースの更衣室を訪問中。

制服の色が、白とピンクとあって、自由に選べるそうです。

可愛いですね。(病院によりますよ)

また、持ち物にキティちゃんが多い、と。(この病院では)

キティちゃん聴診器、キティちゃん時計など「看護婦さんの」

キティちゃんグッズがあるようです。

ポケベルも必需品とか。

ストップウォッチ、駆血帯、体温計・・。

さらに「丈夫な足」も必要と先輩ナースさんはおっしゃっています。

「はははは・・」と笑うすぴいちさんですsweat01

実際に看護の現場を体験してみます。

ベッドでお休み中のすぴいちさん。

「脈を1分間測らせていただきます」というナースさんの声に、

なぜか笑顔のすぴいちさんです。

脈拍78というのは、やや早いのではないでしょうか?

もしかして、ナースに興奮気味?

矢島アナも測ってみますが、今度は57ですって。

明らかに違いますけど・・・・・・。

今度は、ナースさんに起き上がらせてもらいますが、なぜか画面に

heartマークが飛んでいます。すぴいちさん嬉しそうです。

続いて病院の食事を体験します。

一般食と流動食があり、カロリーは同じだそうですが、

矢島アナとどちらを食べるか、「あっち向いてホイ」で決めます。

なんとジャンケン全敗のすぴいちさんは、当然「ホイ」でも完敗!

一般食を食べる矢島アナに対して、流動食のすぴいちさんは、

「自分では食べられない~」とか甘えています。

ナースに食事の介護をしてもらい「オイシイです」と答えるすぴいちさん。

体験はここまでです。

新人ナースは介護研修中。

ナースの癒しのとき、というのは『患者さんが元気になって退院されるとき』

だそうです。なるほど、ごもっともですね。

さあ、

いよいよ新人ナース激励スピーチです。

まず、自己紹介で、拍手と笑顔をもらいました。

いきなり「ナイチンゲール」の話から始めるすぴいちさんです。

ナイチンゲールを知っていますか?

”スズメ目ヒタキ科の鳥”だそうです。

看護婦さんは精神的にも大変なお仕事なんだなという印象を

受けました。

「病は気から」ということわざに対して「ナースも気から」ということわざを

作ってしまいました。幅広い年齢の患者さんに対するのは大変だと

思いますが、患者さんの退院されたときの笑顔が一番の癒しだと

お聞きしました。

そういうのがまさしく『白衣の天使』だなと思いました。

私からこの言葉を贈りたいと思います。

”一に看病、二に薬”

| | コメント (0)

陸上自衛隊からの依頼

いきなり迷彩服で登場したのは、矢島アナです。

場所は静岡県・東富士。

すぴいちさんはおもちゃの戦車を従えて登場です。

もちろん迷彩服です。

「制服シリーズ」の締めが迷彩服、というのは、かなりハードな

ことになりそうですが・・・。

「すぴいち入ります!」と教官の部屋に入りますが、いきなり「やり直し」

と言われてしまいます。

再度入りなおして、改めて教育隊長からお話を聞きますが、隊長は

新人隊員の訓練終了を待たずに異動されるとか。

その隊長の思いも含めて、スピーチを依頼されました。

さっそく訓練中の隊員たちの見学にいきます。

女性も男性とまったく同じことをするそうです。

取材に行ってみると、なにやら高いところに人がいます。

「ヘリからロープを使って降下する」という”りぺリング”の訓練です。

高さ15メートルの降下訓練塔に上がってみます。

下を覗き込んで、「怖い、怖い」と言うすぴいちさんです。

目の前で、次から次へと降下する隊員のみなさん。

すぴいちさんも、とうとうやってみることになりました。

たった1本のロープで降下しますが、なかなか踏み切れない

すぴいちさんですが・・・・。

「ガンバレ、ガンバレ!」と隊員からの声もかかります。

思い切って降下しました!!

「今までで、一番怖かった」というすぴいちさんです。

さらに訓練場を歩いていると、なんと戦車が四方から近づいてきました、

囲まれたすぴいちさんと矢島アナ。

戦車長に許可をいただいて90式戦車を近くで見せてもらいます。

1990年に製造されたので、そういうんですって。

乗員3名。50トン。

壊れたときの「牽引ワイヤー」というのを必ず装備しているそうです。

これを操縦するには『大型特殊免許』があればいいそうですscissors

おっと乗っていいと言われましたよ。

まず車長席に乗ってみます。

すぴいちさんの号令でこの戦車が動くそうです。

「発信!」「右へ!」「左へ!」

「急発進!」「全速力!」「急停車!」

ひととおり味わって「なんだか飛んできた」と感想が出ました。

で、今度は隊員食堂でランチをしながら、密着取材です。

なんと「吉野家の牛丼」もメニューにありましたよ。

午後の訓練は『障害走訓練』

全長500メートルのコースを案内してもらいます。

「長水路」というのを体験しますが、なにしろ立つこともできない

水路を膝で進むのですぐに隊長から遠く離れ、大変です!

続いて「テトラポット」を飛び越えて走りますが、もうかなりバテています。

次は「水平肋木」。これはクリアしました。

さらに「ネット障害」

ネットを昇って乗り越え、反対側に降ります。ヘトヘトのすぴいちさん。

「低鉄条網」

匍匐前進で前進します。高さ30センチ足らずの下を前進します。

すぴいちさんも頑張りますが、途中、しっかりヘルメットに鉄条網が

当たっていますよ。これもクリア。

最後に、「高囲壁」というのを突破します。

自分の力で壁を乗り越えるだけ、と簡単に言われますが・・・。

すぴいちさんも矢島アナもなんとか頑張りました。

二人が体験したのは6./17だそうで、それだけでも頑張ったご褒美に

自衛隊オリジナルの携帯ストラップをいただきました。

・・・・・・・お詫び・・・・・・

なんとビデオのこのあとの部分が消失。

というか、どうも他のものを上に録画してしまった模様。

このあとをご存知の方、よろしければ教えてください。

| | コメント (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年11月 »