« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

「熱弁プレゼンター・すぴいち」誕生!

「資格ゲッター・ピカイチ」さんは3年間で20個の資格をゲットし、

任務を果たしたとあって「資格の星」に帰っていきました。

”天空に輝く星”となっていつまでもみんなを見守ってくれるそうです。

『基本的に 資格は永遠に不滅です』

という言葉と、トレードマークの赤いスカーフを残して。

・・・・・・・、

そして、新たに登場したのが”伝説のスピーチャー”堂本すぴいちさん。

たった10分のスピーチの中に、全てを含めるというスピーチの達人

だそうです。

なにやら訳のわからない慣用句もしくはことわざっぽいものを使い

ながら、不思議なキャラの誕生です。

まずは、とある短大の卒業式でのスピーチを依頼されました。

その短大にスピーチのために取材に行きます。

在校生に取材して「19歳!!」「特技はマラソン!!」

なんだかわからないところに興奮する すぴいちさん。

短大音楽科を見てまわり、学生食堂にもお邪魔します。

一通りの取材を終えて、「完璧!」という すぴいちさん。

このスピーチでは「わさび」「富士山」「フェラーリ」さらに

「音楽は世界を救う」というキーワードを入れなければなりません。

「卒業演奏会」でのスピーチはうまくいくのでしょうか?

やや不安の残るまま、いよいよ本番です。

朝早い時間らしく、少し眠そうな すぴいちさんが、会場の下見を

しています。800人ほどが入るホールです。

「私は55000人を相手にしているから」という すぴいちさん。

大丈夫なのでしょうか。

完全にサプライズな企画のため、いきなりの すぴいちさんの登場

に、戸惑いの拍手が一応挙がります。

”音楽というものは人の心を動かすことができる。

・・・・・とにかく、私が言いたいのは、・・・・・・おさしみ(?)には「わさび」が

つきものですが、そんな風に人を引き立てる人になってほしいということ

です”

無理やりの10分間のスピーチが、なんとか終わりました。

客席は最後までやや戸惑い気味でしたが、すぴいちさんの

初の”熱弁プレゼント”は成功したと言えるのでしょうか?

”?”を残したまま、次のスピーチを待ちたいと思います。

| | コメント (0)

保育園の送別会

すぴいちさんへの依頼の2回目は、保育園の送別会での

スピーチです。

かつて、ピカイチさんは保育士に挑戦したこともありました。

すぴいちさんは、取材のために子どもたちの昼食の場に

突撃です。

「いいなあ、ツンツンあたま!」と子どもAが!

元気でやんちゃな子どもたちです。

「パンツを見るのが好き」と言う子に、「なぜ見るの?」と聞くと

「エッチするから!」と答えが返ってきて、引っくり返るすぴいちさん。

「最近の子どもはこわ~い!」とつぶやきます。

続いて、お昼寝中の子どもたちを見守る保育士さんたちに取材します。

保育士さんの喜びは、子どもたちが、

「お母さんの次に好き!」なんていってくれるときらしい。

実際、大きくなって会いにきてくれる子もいるそうで、それはやっぱり

嬉しいでしょうね。

「大きくなっても顔は変わりません」と語る保育士さんです。

この保育園では5人の先生が退職、6人の先生が転勤で、送別会が

開かれるそうですから、すぴいちさんの心のこもったスピーチに

期待したいものです。

送別会の会場は、某ホテルの大宴会場。

出席者は50名とか。

下見の すぴいちさん、「無視されて食事されても悲しいね。」と

つぶやいていますよ。

控え室で、まだ考え中のすぴいちさん。

ようやく原稿ができたようです。

会場では保育士さんたちの送別会が始まっています。

保育園らしいお遊戯も含めた演奏会の次が、すぴいちさんの

出番です。

最後の曲は、すぴいちさんに縁がなくも無い「フラワー」

急に「トイレに行きたい!」と言い出す すぴいちさんです。

「堂本すぴいちさんです!」と紹介されると、前回とは違い「ワー!!」

と拍手と歓声が上がりました!

水と砂時計(10分計)を持って、すぴいちさん登壇です。

”実は私、ずっと幼稚園に行くのがイヤだイヤだと泣いていた方だったん

ですが、先生に「泣かなくていいのよ」と抱っこされた記憶というのは、

忘れないものだな、と思います。~お父さんお母さんから預かった子ども

の面倒を見るというのは大変だと思います。

~みなさんもこの保育園にたくさんの思い出があると思います。

四季を味わう行事などを通してお子さんたちを育てていっていただき

たいと思います。・・・・最後に「手前味噌で塩が辛い」”

最後がよくわかりませんでしたが、なんとかそれらしくまとまった(?)

ようです。

保育士のみなさんは、たくさんの拍手をしてくれました。

| | コメント (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »