« ドッジボール審判員資格 | トップページ | 大型特殊自動車運転免許! »

チャイルドマインダー(小児保育資格)

保育のプロとしての資格です。

イギリスでは60年以上の歴史を誇る資格とか。

72時間に及ぶ講習を受けなければなりません。

一日目。

紅茶を飲みながらの講習です。ディスカッション形式もあり、

ビデオを見ながらの講習もあります。

生後3ヶ月までの赤ちゃんをお風呂に入れる「沐浴」の講習。

お風呂は38~40度が適温。

赤ちゃんには優しく声をかけてあげるのがポイント。

服を脱がせたあと、

まず身体にガーゼをかけてあげます。(安心感を与えるため)

足のほうからゆっくりと4~5分入れてあげますが、顔、首、胴と

ガーゼを使って、まんべんなく洗います。

水が入らないように、耳を押さえてあげます。

数日後。

この日の講習は「離乳食」。

レトルトとフリーズドライの離乳食を試食します。

おいしいものと、そうでないものがあるようです。

濃い味付けはいけないそうで、栄養と安全が第一だそうです。

さあ、次は保育園での自主特訓(?)をしてみます。

1~3歳の子どもたちのお散歩にも行きますが、大通りは危険

ですし、交差点を渡るのも一苦労です。

公園では、子どもたち全員の相手をしなければなりません。

食事の世話をしながらも、みんなの様子に気をつけてあげます。

お昼寝のあと、今度は起こさないといけません。大変です。

園内遊びでは大勢の子どもの相手をするのが難しそうですね。

結局は「子ども好き」なのが一番の条件のようですね。

講習はまだまだ続きます。

赤ちゃんを抱きながらミルクを飲ませます。

話しかけながら飲ませてあげます。ゲップをさせるところまで

やりますよ。

実際にミルクを作ってみます。『調乳』といいます。

50度くらいのお湯を哺乳ビンに半分入れ、粉ミルクを10杯入れ

ます。溶けたらお湯を足して40度くらいに冷まします。

なんだかんだで、なんと72時間の講習をついに終了しました。

いよいよ試験です。

試験内容は、

      記述式

      試験時間は1時間

      合格基準は8割

さあ、試験場に入りました。

問題を見るなり、「あ~っ、ダメっぽい」とつぶやくピカイチさんです。

「はしか」「水疱瘡」「おたふくかぜ」といった病気の特徴を尋ねる

問題もあり、けっこう難関のようです。

試験場から出てきたピカイチさんは、「ごめんなさい」。

またしても、オンエアでの「生発表」です。

これも試練ですね。

「・・・・・まことに残念ながら、合格点に達しませんでした」

との文面がアップで映されました。

ピカイチさん、頑張りましたが残念でした。

「気象予報士」に続いて二連敗してしまいました。

  

|

« ドッジボール審判員資格 | トップページ | 大型特殊自動車運転免許! »

チャイルドマインダー(小児保育資格)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ドッジボール審判員資格 | トップページ | 大型特殊自動車運転免許! »