« アーク溶接資格! | トップページ | チャイルドマインダー(小児保育資格) »

ドッジボール審判員資格

「ドッジボール公認審判員資格」

A、B級は全国レベル。

地方大会のための「C級」に挑戦します。

まず、学科講習からです。

公式ルールを学びます。

1チームは12名で構成。内野同士、外野同士のパスは禁止。

パスは4回までで、5回目には必ず攻撃しなければならない。

主審1名、副審4名で試合を裁きます。

学科講習は、すぐ眠くなるピカイチさんですが、大丈夫でしょうか?

学科試験は20分。

20問の○×式で、正解率8割で合格です。

学科試験では、ドッジボールのルールに関する問題が出ます。

肩より上のボールは”パス”、肩より下のボールは”アタック”と

いうそうですよ。

ルールはしっかり覚えないといけませんね。

ピカイチさんは100点満点!

見事に学科試験をクリアしました。

『実技講習』に入りますよ。

ジャージ姿のピカイチさん登場です。

審判にとって大切なのは『毅然とした態度』だそうですよ。

反則を犯した場合、それぞれの決まった動作を20個近くマスター

しなければなりません。

続いて、線審の動作です。

赤い旗を上げて反則の指摘を行います。

試合形式で審判を行います。

適切なジャッジができる位置に移動しながら線審をしなければ

なりません。

「オーバーライン!」

「ワンタッチ!」

と、選手の動きを予測しながら適切な判断をします。

線審を務めたあとは、主審に挑戦です。

「ボールデッド!」とか、スピードが速いので判断が大変そうです。

「ワンタッチ!5番!」とか言わなければいけないので

なかなか試合に追いつけませんが・・・・。

思った以上に、ドッジボールの審判は大変です。

これで、実技試験をクリアすることができるのでしょうか?

いよいよ次は、実技試験です。

と、ここまできて、ちょっとしたアクシデントが!

ピカイチさんは見事に審判員資格をゲットできたのですが、

この回の録画を忘れていたことが判明しました。

大変に残念ですが、結果のみの報告になります。

ま、ともかく

『合格』 でした。

おめでとうございます!!

|

« アーク溶接資格! | トップページ | チャイルドマインダー(小児保育資格) »

ドッジボール審判員資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アーク溶接資格! | トップページ | チャイルドマインダー(小児保育資格) »