« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

国家資格・気象予報士

特に学科講習もなく、ひたすら勉強して受けるという

難関資格です。

「国家資格」でもあります。

なんと合格率4%という超難関資格ですよ。

ピカイチさんは、これまで隠れて、でも真剣に勉強してきた

らしいですが、それにしても難関です。

こんな感じで試験に挑みます。↓

Photo

試験会場は上智大学。

制限時間120分のマークシート式問題と、

150分の記述式問題に挑戦します。

「気象予報士」というのは、自分で天気を予報して発表が

できるそうです。

(実際、自分で予報している人っているのかしら?)

とりあえず、マークシート方式の試験を終えて出てきたピカイチ

さんは、

「霧雨です」と訳のわからない感想を言っています。

昼休みも勉強に励み、午後の記述式問題に挑戦です。

やっと長時間の試験が終わってピカイチさんが出てきました。

この試験結果もスタジオで生発表だとか。

・・・・・・ピカイチさんもいろいろな試練がありますね。

・・・・・・・・・、

さあ、発表ですが。

『ふ、不合格!!』

なんと不合格でしたよ。

合格率4%ですからね。仕方ないですね。

不合格の罰ゲームとして、ピカイチさんはADのお仕事をする

らしいです。

ピカイチさん、ADも大事なお仕事ですからね。

頑張ってください!

| | コメント (0)

アーク溶接資格!

ピカイチさんが今回挑むのは『アーク溶接資格』です。

この『アーク溶接』というのは電気で発生させた高熱によって

金属を接合するもので、ガス溶接よりも安全で効率がよいため

に建設業や造船業で多く利用される技能です。

まず「学科講習」です。

電気の性質から、労働安全衛生法など高度な知識をマスター

しなければなりません。

「オームの法則」も出てきますが・・・・・。

ピカイチさん、計算問題で指名されましたよ。

まさに「オームの法則」です。

電圧100V、抵抗50Ωの場合電流は?という問題です。

もちろん2アンペアですよね!

ピカイチさんも見事に正解です。

おっと、OHPを使う講習では教室が真っ暗になります。

ピカイチさんは起きていられるのでしょうか?

・・・・・・さあ、学科試験です。

30分間の試験ですが、○×式40問の出題。

6割(24問)の正解で合格です。

”感電したとき、100ミリアンペア程度では人体に及ぼす影響は

それほど危険ではない”  ○か×か?

これは「×」です。20ミリアンペアで呼吸困難、50ミリアンペアでは

相当危険、100ミリアンペアでは「致命的」だそうです。

ピカイチさんが試験場からやや早めに出てきました。

珍しいことですよ。

「たまには早く出てみようと思った」とおっしゃいます。

結果発表です。

・・・・・・・・『堂本さん!』

ホッとしますね。しばらくぶりの合格です。しかも90点!

9割もできましたよ。よかった!よかった!

次は今までのなかでも最も危険といわれる「実技講習」です。

6000度の高熱を発生させる高圧電流を扱うので、「防護服」

をしっかりつけます。

ヘルメットにメガネにマスク。特殊な手袋も嵌めます。

初めての溶接を体験しましたが、真っ直ぐにはなかなかできません。

火花が散って危険です。

2枚の鉄板を溶接する「突合せ継手」をします。

裏側を仮付けし、表側を本溶接します。

まず「仮付け」に挑戦です。中央と両端の計3箇所を溶接します。

溶接面をブラッシングして仕上げます。

「仮付け」はうまくいきました。

次は「本溶接」です。

完全に2枚の板を溶接します。ややギザギザになりました。

しかも、くっついていないところもありますよ。大丈夫でしょうか?

「実技講習」は、次の「イス作り」に入ります。

四角の鉄板の上に、足を90度に立てます。これを溶接します。

背もたれ用のフレームを溶接し、腰掛部分と背もたれ部分を

溶接しますが、鉄板が薄いので気をつけないと穴が開きます。

なんとか「イス」はできましたが、上下の幅に1センチ以上も差が・・・。

とても危険なので緊張するのか、かなり疲れているピカイチさん

です。

『実技試験』です。

”T継手”

15分の制限時間内で、2枚の鉄板をT字型に継ぎ合わせます。

なかなか火花が出ず、焦るピカイチさんです。

仕上げから片付けまでを15分でしなければなりません。

ブラシを掛けて仕上げますが、仮付けで失敗した、というピカイチ

さんですよ。

まず90度になっていない、継ぎ目が盛り上がっている、ホルダー

の不用意な放置も減点ですが、『80点』で合格しました!!

おめでとうございます!

| | コメント (0)

ドッジボール審判員資格

「ドッジボール公認審判員資格」

A、B級は全国レベル。

地方大会のための「C級」に挑戦します。

まず、学科講習からです。

公式ルールを学びます。

1チームは12名で構成。内野同士、外野同士のパスは禁止。

パスは4回までで、5回目には必ず攻撃しなければならない。

主審1名、副審4名で試合を裁きます。

学科講習は、すぐ眠くなるピカイチさんですが、大丈夫でしょうか?

学科試験は20分。

20問の○×式で、正解率8割で合格です。

学科試験では、ドッジボールのルールに関する問題が出ます。

肩より上のボールは”パス”、肩より下のボールは”アタック”と

いうそうですよ。

ルールはしっかり覚えないといけませんね。

ピカイチさんは100点満点!

見事に学科試験をクリアしました。

『実技講習』に入りますよ。

ジャージ姿のピカイチさん登場です。

審判にとって大切なのは『毅然とした態度』だそうですよ。

反則を犯した場合、それぞれの決まった動作を20個近くマスター

しなければなりません。

続いて、線審の動作です。

赤い旗を上げて反則の指摘を行います。

試合形式で審判を行います。

適切なジャッジができる位置に移動しながら線審をしなければ

なりません。

「オーバーライン!」

「ワンタッチ!」

と、選手の動きを予測しながら適切な判断をします。

線審を務めたあとは、主審に挑戦です。

「ボールデッド!」とか、スピードが速いので判断が大変そうです。

「ワンタッチ!5番!」とか言わなければいけないので

なかなか試合に追いつけませんが・・・・。

思った以上に、ドッジボールの審判は大変です。

これで、実技試験をクリアすることができるのでしょうか?

いよいよ次は、実技試験です。

と、ここまできて、ちょっとしたアクシデントが!

ピカイチさんは見事に審判員資格をゲットできたのですが、

この回の録画を忘れていたことが判明しました。

大変に残念ですが、結果のみの報告になります。

ま、ともかく

『合格』 でした。

おめでとうございます!!

| | コメント (0)

チャイルドマインダー(小児保育資格)

保育のプロとしての資格です。

イギリスでは60年以上の歴史を誇る資格とか。

72時間に及ぶ講習を受けなければなりません。

一日目。

紅茶を飲みながらの講習です。ディスカッション形式もあり、

ビデオを見ながらの講習もあります。

生後3ヶ月までの赤ちゃんをお風呂に入れる「沐浴」の講習。

お風呂は38~40度が適温。

赤ちゃんには優しく声をかけてあげるのがポイント。

服を脱がせたあと、

まず身体にガーゼをかけてあげます。(安心感を与えるため)

足のほうからゆっくりと4~5分入れてあげますが、顔、首、胴と

ガーゼを使って、まんべんなく洗います。

水が入らないように、耳を押さえてあげます。

数日後。

この日の講習は「離乳食」。

レトルトとフリーズドライの離乳食を試食します。

おいしいものと、そうでないものがあるようです。

濃い味付けはいけないそうで、栄養と安全が第一だそうです。

さあ、次は保育園での自主特訓(?)をしてみます。

1~3歳の子どもたちのお散歩にも行きますが、大通りは危険

ですし、交差点を渡るのも一苦労です。

公園では、子どもたち全員の相手をしなければなりません。

食事の世話をしながらも、みんなの様子に気をつけてあげます。

お昼寝のあと、今度は起こさないといけません。大変です。

園内遊びでは大勢の子どもの相手をするのが難しそうですね。

結局は「子ども好き」なのが一番の条件のようですね。

講習はまだまだ続きます。

赤ちゃんを抱きながらミルクを飲ませます。

話しかけながら飲ませてあげます。ゲップをさせるところまで

やりますよ。

実際にミルクを作ってみます。『調乳』といいます。

50度くらいのお湯を哺乳ビンに半分入れ、粉ミルクを10杯入れ

ます。溶けたらお湯を足して40度くらいに冷まします。

なんだかんだで、なんと72時間の講習をついに終了しました。

いよいよ試験です。

試験内容は、

      記述式

      試験時間は1時間

      合格基準は8割

さあ、試験場に入りました。

問題を見るなり、「あ~っ、ダメっぽい」とつぶやくピカイチさんです。

「はしか」「水疱瘡」「おたふくかぜ」といった病気の特徴を尋ねる

問題もあり、けっこう難関のようです。

試験場から出てきたピカイチさんは、「ごめんなさい」。

またしても、オンエアでの「生発表」です。

これも試練ですね。

「・・・・・まことに残念ながら、合格点に達しませんでした」

との文面がアップで映されました。

ピカイチさん、頑張りましたが残念でした。

「気象予報士」に続いて二連敗してしまいました。

  

| | コメント (0)

大型特殊自動車運転免許!

『超難関資格』とか。

警察の管轄ですって。『適正検査』があるらしいです。

普通免許をとってから3年以上たっていないと取得資格がないそう

ですよ。

適性検査に合格したら、受験日の予約をして受験票を受け取ります。

この「技能試験」は一発勝負ですって!

そこで、技能試験一発合格を目指して教習を受けます。

さすがに「大特」です。

総重量6トンというホイールローダを使っての講習です。

タイヤも大きいですよ。こんな大きさ↓

Photo

追突したら、一般の乗用車では潰れてしまうそうですよ。

まず、教官と同乗して大型特殊の動きを体験します。

バケットを上げて、公道を走りますが、かなりのスピードが出る

ようです。

コーナーでは内輪差が全くないそうです。

さて、直進走行とコーナリングの講習から始まります。

ピカイチさんの初挑戦です!

まず、バケットを上げます。

前後の安全確認をして、スタートします。

まっすぐ走るのも安定感がないために難しいといいます。

「変なの、変なの」と言うピカイチさんですが、「内輪差がないって、

こういうことなのね」と納得しています。

これが一番違うところだそうです。

「コーナーを曲がるごとにクネクネしている感じがする」とピカイチ

さんは語っています。

走る講習のあとは「車庫入れ」です。

前後左右を確認し、車庫入れ。最初から大成功です。

何度も練習してニアピンで停止に成功。

続いて、実際のコースを使っての「実践模擬走行」

バケットを上げてスタート。カーブを順調に曲がって、また車庫入れ。

障害物をクリアして、アクセル全開で走ってみます。

訓練の総仕上げは、教官が降りて、ひとりでの走行になります。

「スピードあげます!」「曲がりま~す!」といい調子です。

「ここからフルスロットル!」「行け~!オリャ~!」と飛ばしますが、

縁石がギリギリで・・。ちょっと危なかった。

とにかく訓練は終わりました。

この調子でいけば大丈夫、と教官にいってもらえました。

さあ、いよいよ技能試験です!

なんといっても『一発勝負』ですから。

減点方式による『一発勝負』です。

受かったら「中華サラダ」が食べたい、というピカイチさん。

警察内のコースを使っての試験のため、撮影ができません。

なんと本籍と現住所が分からなかったというピカイチさん

ですが、試験の結果はどうなんでしょうか。

合格なら「赤いスカーフ」不合格なら「黒いスカーフ」という約束です。

さあ、ピカイチさんが出てきました。走って逃げて行きます!

やっと捕まえたと思ったら、赤と黒の両方のスカーフをしていますが、

見事に「大特」ゲットしました。

ちゃんと免許証に「大特」の文字が載りましたよ!

おめでとうございます。

今回10人が受験して、4名が合格。

超難関資格をゲットできました!!

| | コメント (0)

そば打ち名人”資格”?!

『そば打ち名人』とは”資格”なのか?

なんだかもうひとつ分からない気が・・・・。

まあ、なにはともあれ、『修行』から始まります。

とあるおそば屋さんで、掃除からスタート。

テーブルを拭き、のれんを掛け、お客さんを待ちますよ。

かなり暇そうなピカイチさんですが、お昼どきになってようやく少し

忙しくなってきました。

お客さんに注文を聞き、できあがったものを出します。

このあたりの接客ぶりは、かなり手馴れた感じ。

電話注文にも対応しますよ。

出前の注文を受けて、ピカイチさんは10人前のそばを届けます。

届け先は日本テレビ。

15分くらいかかります、と気軽に言っていたピカイチさんですが、

バイクで出発したものの、道が分からず、

たっぷり1時間もかかってしまいました。

しかも、てんぷらそばがひとつ足りませんでした。

ひとつの「てんぷらそば」を二人分と、苦しい言い訳をするピカイチ

さんなのでした。

お店にもどって、そばのゆで方とてんぷらの揚げ方を教えて

もらいます。なんとか、制限時間の5分で作り、お客さんに出して

みます。

「おいしい!」と言ってもらえて嬉しそうなピカイチさんでした。

こうして修行したあと、いよいよそば打ち道場で試験に挑みます。

”そば道場 あらかわ亭”

で、『そば打ち名人』試験が行われるのですが、まず「そば打ち講習」

を受けます。

生地作りです。

① そば粉と小麦粉の比率は6:4で混ぜる

② これに水200ccを少しずつ混ぜる

③ 耳たぶくらいの固さにこねる。(400回くらいこねる)

④ 「へそ」と言われる部分を中心に生地をまとめ滑らかにする。 

⑤ 丸い玉に仕上げる

頑張るピカイチさんはこんな感じです。↓ 

Photo

⑥ 丸出し=均一な丸になるように伸ばす

⑦ 四つ出し=穴などを開けずに四角く生地を伸ばす(薄さ1~1.5ミリ)

⑧ 幅10センチの八つ折にする

⑨ 均一な細さでリズミカルに切る(細さ1~1.5ミリ)

⑩ 40~50秒間すばやく茹で冷水にさらす

⑪ 麺のコシ、歯ざわり、香りが最終ポイント

実技講習終了で「半端じゃない、疲れた~!」というピカイチさん。

作ったそばを食べてみます。味はよさそうですが・・・。

さあ、試験前の特訓に入りますよ。

・・・・・・・・・。

試験は制限時間60分(そばを切るまで)、25項目中20項目を

クリアしなければなりません。

15分経過。

「伸ばし」の作業に入ります。

見事に四角に伸ばしています!特訓の成果ですね!

時間を24分も残して作業終了です。

「クーラーで乾燥するでしょ」というピカイチさん。

そこまで考えて短い時間で仕上げたようです。さすがです!

順番にそばをゆでて、審査員に食べてもらいます。

緊張の瞬間ですね。

判定です。

減点項目が4点

  * 伸ばしに段差があった

  * たたみ幅が短かった

  * 麺に切れが生じた

  * 包丁が垂直に入っていなかった

25項目中21項目クリアで『合格』でした!

『そば打ち名人』の誕生ですよ!

おめでとうございます!

| | コメント (0)

スイフトウォーターレスキュー(急流救助資格)

長瀞の河原でピカイチさんがバーベキューをしています。

なぜこの河原にいるかというと、次に目指す資格は急流で人を

救助する資格『スイフトウォーターレスキュー』の初級にあたる

”ファーストレスポンダークラス”

初日は学科講習

2日目は実技講習と試験です。

学科講習では、レスキューの心構え、川の水の力学などをみっちり

勉強します。インターナショナルな資格なだけに専門用語も多いです。

メモをとりながらしっかり講義を聴くピカイチさんです。

・・・・・が、午後の講義は、ちょっと眠そう・・・。

なんとか頑張りましたよ。

で、明日の実技に備えて、急流がどんなものか体験してみます。

大型ゴムボートで急流を下るラフティングに挑戦します。

激しい川の流れに翻弄されるゴムボートで、ピカイチさんもずぶ

濡れです。初の激流を体験して、実技講習に臨むことになります。

さあ、実技講習です。

①  急流での泳ぎ方

    ベーシックスイミング(上向きになり両足を上げる)

         川の流れに逆らわず、進みます。

    アグレッシブスイミング(流れに負けずに泳ぐ)

         力で激流を乗り越えます。

② 急流での歩き方

    3人一組になって支え合いながら激流を渡ります。

         足元の激流に、流されたりもします。

         そうなるとロープで救助が必要になります。

         先頭が一番水圧を受けますが、ピラミッド型になって

         全員で激流を歩きます。ピカイチさんが先頭で頑張ります。

教官曰く、「かなりいいです。受講態度は悪いけど。めちゃめちゃいいです。

      ふざけるフリをしながら、よく話を聞いてます。

      根が真面目なんでしょうね。」

ピカイチさん、かなり見抜かれておりますよ!

午後はロープを使った救助です。

「スローロープ」と言います。

溺れる役と助ける役に分かれての救助の実技です。

ロープの投げ手のコントロールが問題です。

ピカイチさんは見事なコントロールでちゃんと胸元のとり易い

ところに投げています。

次にピカイチさんが流される役で、ロープを受け取りますが、

激流で1回転してけっこう必死のロープの受け取りになりました。

「鼻に水が入った!」と痛そうなピカイチさんでした。

そして救助の上級技。一度に二人を救助する、という技に挑戦

します。

ロープ投げに自信を持ったピカイチさんが、自ら手を上げました。

一人目にロープを投げ、二人目に投げたところで、あら、ロープを

離してしまいました!

「引き込まれそうになった!自分が大事やもん!」

ピカイチさん、それでいいんでしょうか。

教官に「一度キャッチした被害者は絶対に遺棄してはいけません」

と言われます。

それはそうでしょう。ピカイチさん、頑張らないと!!

で、いよいよ最終学科試験が始まりますよ。

「コレが問題やねんて」と自信のなさそうなピカイチさんです。

制限時間30分、正解率60%で合格ですが、水難救助の方法

から川の水流力学まで出題されます。

できた人から席を立っていきますが、ピカイチさんは悩みっぱなし

です。もう二人しか残っていません。

最後に席を立ちましたよ。どうも自信なさげですが・・・・。

ひとりひとりに認定証が渡されます。

ステッカーもいただきますが、ピカイチさん、しっかり名前を呼ばれ

ましたよ。

インターナショナルな資格なので、ナイル川でもアマゾン川でも救助

ができるそうです。世界に通じる資格ですね。通算18個目の資格です。

これで、「川の怖さがわかり、川の特性を見極めて救助ができる」

そうですよ。

ピカイチさんの分かりやすい説明でした。

| | コメント (0)

クリーニング師資格

ホットドッグを持ってゴキゲンなピカイチさんが、

いきなり矢島アナの白いワイシャツにべチャっとケチャップを

つけましたよ。

今回は、国家資格「クリーニング師」を目指します。

超難関資格です!

とあるクリーニング屋さんで一日修行をします。

まず、汚れた矢島さんのワイシャツをきれいにしてもらいます。

絶対にこすってはいけないそうです。

水につけて、そのあとブラシで丁寧にこすります。

ピカイチさんの修行は、衛生第一ということから、お店のお掃除

から始まります。

お掃除のあとは受付けの勉強です。

女性のお客さんが洗濯物を持ってきました。

紙袋にいっぱいです。

会社の制服に、スカート3点、ブラウスを預かります。

預かりましたが、名前を聞いていませんでした。

できたものを受け取りにきたお客さんが、「そっくりさん?」

と気にしています。

外人さんがきたり、小さい子の相手をしたり、受付が板について

きましたが、これは国家資格のゲットに役立つのでしょうか?

お店での修行はまだ続きます。

今度は配達のようですが。

クリーニング師資格を得るには、

◎ 学科試験  衛生法規 公衆衛生 洗濯物の処理

◎ 実技試験  繊維及び薬品の鑑別  ワイシャツのアイロン仕上げ

  などをクリアしないといけません。

が、配達ですって。

クルマで配達に回ります。

お店のクルマで配達にいきますが、六本木で証明写真を矢島さんと

撮ったりして遊んでいますよ。いいのでしょうか。

お店に配達して、冷たい飲み物をいただきます。

港区のお得意様を次から次へと回って、配達に励むピカイチさんです。

無事に配達が終わりました。

いよいよ目的だった「アイロン掛け」の練習を始めます。

”ワイシャツの仕上げ”です。

作業 ①  三ッ山プレスという機械を使います。

          襟と袖首をプレスし整えます。霧吹きでピタッとつけて

          プレスします。

作業 ② 万能プレス

          シャツの前面と背中の部分を整えてプレスします。

作業 ③ アイロンによる仕上げ

          機械で大まかにプレスしたものを、アイロンで仕上げます。

          最後に折りたたんで仕上げですが、いきなり「20点」と

          言われてしまいました。

お店のマスターに指導していただいて、猛勉強の開始です!

さあ、猛勉強の末、試験ですが、静岡駅?

なぜかイタリア語で登場のピカイチさん。

静岡県クリーニング会館が会場です。

学科試験と二つの実技試験(繊維及び薬品の鑑別、アイロン仕上げ)

を受けます。

アイロン用のワイシャツは持参ですが、ちょっと濡れすぎと言われて

います。

階段で3階にあがります。

100%独学のピカイチさんは、無事に合格できるのでしょうか?

繊維製品の取り扱いかたのマークの問題も出るようです。

当て布でアイロン掛け、とか、

日陰で干す、とか、覚えておかないといけません。

珍しく一番で会場から出てきたピカイチさんですが、大丈夫なので

しょうか?

「完璧です!」というピカイチさんにやや不安が募ります・・・。

実技の最後はアイロン掛けです。最大の難関のようです!

10分間で仕上げなければなりません。

ニコニコと「完璧!」と言ってますが、いいのでしょうか?

どうも不安ですが・・・・、

スタジオで生発表です。

あらまあ、「不合格」・・・・・(やっぱり、とも思いましたが・・・・)

残念でした!

| | コメント (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »