« 1級小型船舶操縦士資格 | トップページ | 小規模ボイラー取扱者資格に挑戦! »

1級小型船舶操縦士資格・試験

5日間に及ぶ講習を修了して、いよいよ試験です。

まずは、課題の「学科試験」です。

受験勉強を14時間してきたというピカイチさんです。

タモリさん、加山雄三さんが1級船舶資格を持っているとか。

ネクタイも締めて、気合が入るピカイチさんに、ベリーグッド

山田先生も応援に来てくださいました。

12時が過ぎて12時半、12時50分となり、やっとピカイチさんが

会場から出てきました。

結果は電話で、生で聞いて確認します。

受験番号は「30番」です。

ドキドキしながら待ちますが、試験会場は東京でなく、横浜です。

「30番」合格です!!「29番」のプロデューサーも合格!

やれやれ。

頑張った甲斐がありましたね。

残るは実技試験です。

こんな感じで試験の合格を狙います。

BGMは「宇宙船艦ヤマト」です。

ところが、この実技試験の日もお天気が悪くて。

傘をさしての登場です。

昨日まで、今日が試験と知らなかったピカイチさんは、朝早く

からベリーグッド山田先生と復習に励んでいます。

巨大な低気圧が日本列島を覆っているそうで、海が荒れています。

傘をさして出かけます。

まず、桟橋で船体外部の点検。さらにロープワークの試験。

エンジンルームの点検と口述試験。名称と機能を説明できないと

いけません。

さあ、出航します。

微速前進から増速、直進します。続いて「変針」の試験です。

30度の変針をきれいに決めます。

人命救助の試験では、運転者と救助する人の連携も大事。

荒波の中で、見事に成功しました。

ベリーグッド先生も一安心です。

逆にピカイチさんが救助役になった人命救助も成功です。

ここまでは順調に進みました。

ここから後半戦に入ります。

3つのブイの間を必要最小限の舵角で通りぬける「蛇行」

の試験です。3つ目のブイをかなり見逃したようです。

着岸・離岸のテストです。

コンクリートの岸壁に着岸しようとしますが。

なかなか難しいようです。

入港してきましたが、最後に船内で口述問題があります。

けっこう長時間にわたる口述問題でした。

寒さもあって、かなり濡れているピカイチさん。

最後に教室で航海計画など海図を使った試験が行われます。

「ダメッス!」というピカイチさんですが、口述試験には全く自信

がないと言っています。

結果は郵送だそうで、封筒が持って来られました。

発表です。

「受験番号30番、堂本光一さま。見事合格されました」

とのことでした!

大喜びでした、おめでとうございます!

「これで終わりではないので、これからも頑張ります」

と語るのが、いかにもピカイチさんで、ステキでした。

|

« 1級小型船舶操縦士資格 | トップページ | 小規模ボイラー取扱者資格に挑戦! »

小型船舶操縦士資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 1級小型船舶操縦士資格 | トップページ | 小規模ボイラー取扱者資格に挑戦! »