« 小型船舶操縦士資格・4級 | トップページ | 東京湾横断! »

ソフトボール公認審判員資格・第3種

舞台は国士舘大学。

ピカイチさん、颯爽と登場です。

「スポーツマンシップにのっとった資格」だそうですよ。

しかも「キャ本的に”3種”」だそうです。

ソフトボール公認審判員というのは、1種から3種まであって、

1種 全国的大会の試合の審判

2種 地域的大会の試合の審判

3種 支部内大会の試合の審判

ピカイチさん曰く『ちょっとした試合』の審判らしい。

まず学科講習 2時間

   学科試験 45分

   実技講習 2時間

   実技試験 80分

受験番号「8」番のピカイチさんです。

今回のピカイチさんは、こんな感じ↓

(削除しました。)

まずは「学科講習」なんですが。

始まってわずか15分で、お休みになっているピカイチさん。

学科試験では、頑張らないといけません!

ルールブックを必死に勉強しますが・・・・・、試験会場から

かなり遅く出てきました。「ボロボロです」と語っています。

実技講習では、基本動作(構え、姿勢、ジェスチャーとコール)

位置及び動き(主審、一塁、二塁、三塁審判)を学びます。

いつものスタイルのピカイチさんですが、周りはTシャツや

ジャージで、ちょっと浮いています。

まずは、ランニングからスタート!

基本の姿勢と構えを学びます。

ピカイチさんは、カメラ目線の余裕でポーズしています。

・・・しかし、ソフトボール?と疑問も持たれながら、

ピカイチさんは頑張りますよ。

2時間立ちっ放しで、かなり疲れたようですが、講習が

終わり、実技試験に突入します。

まずは主審を務めます。

ポーズもコールも「すばらしい」と褒められています。

おっと突然雨が降ってきました。

「一度ベンチに入ろうか」とスタッフに勧められますが、

「いいよ、みんな濡れてるんだから」と拒むピカイチさん!

雨の中、塁審を務めますが、どうもポジショニングに難がある

みたいですね。

主審は、しっかりとできたようです。

終了後、雨の中を頑張ったことを褒められて「いい姿勢を

見せていただきました」と言ってもらえました。

さあ、結果発表です。

見事に合格して、審判員のワッペンをいただきました。

おめでとうございます!

 

|

« 小型船舶操縦士資格・4級 | トップページ | 東京湾横断! »

ソフトボール審判員資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 小型船舶操縦士資格・4級 | トップページ | 東京湾横断! »