トップページ | 2011年4月 »

資格ゲッター・ピカイチについて

資格ゲッター・ピカイチさんは、資格取得に邁進する

愛すべきキャラクターです。

1998年から2001年にかけて日テレの番組中で多くの

資格に挑戦し続けました。

このピカイチさんの挑戦の歴史を振り返ってみたいと思い

ます。

ピカイチさん↓

Photo

番組としては「Gyu!と抱きしめたい」「Gyu!」「ピカイチ」

とタイトルや内容が変わりましたが、「資格ゲッターピカイチ」

さんのコーナーは連綿と続いたのでした。

| | コメント (0)

基本的に・・・・・、『締固め用機械資格』

「締固め用機械」というのは、通称「ローラー」

受講費用は14000円。

1日目は6時間の学科教育。2日目は4時間の実地教育。

さっそく勉強です。

1時間後、やや疲れたご様子のピカイチさん。

昼食は寂しそうに河原でとり、休み時間も勉強です。

すぐテストですって!

100点中75点以上とらないといけません。

真剣ですね。続々と書き終わった人が出てきますが、

なかなかピカイチさんは出てきません。

最後のひとりになりましたが、ゆとりの表情(?)で出てきました。

結果発表です。おおっ!「合格」ですよ。

いちおう点数を確認します。なんと「100」点!

ピカイチさん、ニッコリです。

日テレ新社屋の建設に参加したい、という野望があるらしい。

頑張らねばいけません。

さて2日目は「実地教育」4時間。

ヘルメットをつけて、なんと12tの「タイヤローラー」で操作訓練。

アスファルト舗装の締固めをする機械ですよ。

1.前進後進操作

2.停止線はミラーで確認

3.前後の決められた停止線で停止する

さあ、トップで挑戦しますが・・・・・。

大型機械が動き始めました。ドキドキのピカイチさん。

決められた狭いコースを巨大なマシンで移動します。

カーブにバック、マシンの大きさに感覚がついていきません

が・・・。「このままでは固めるけど人をひく」と教官に言われて

います。

さあ、最終訓練。

ライン沿いに走行します。縁石から1センチを目指します。

まず前進。すごいですね、ギリギリで走行していますよ。

次は後進。なんとかやりとげましたが・・・。

このあと試験です。

「実技試験」

直進、T字路、ライン沿い走行の試験です。

やや緊張気味のピカイチさんですが、まず前進後進はOK。

T字路での停止がギリギリセーフ。苦手の左カーブをクリア

して、停止線に戻ります。

さあ、難しい「ライン沿い」走行。接触せずに行けましたよ。

見ている方も緊張します。ピカイチさんも真剣です。

一部接触してしまいましたが、切り返してやり直します。

「やばいよ~」と言いながら降りてきたピカイチさんですが、

先生の採点は?

「17点減点で83点!」合格です!(100点中80点以上で合格)

「修了証」を受け取って、まずは最初の資格ゲットです。

おめでとう!ピカイチさん!

・・・・・・後日、

ヘルメットに金色の「合格シール」をつけたピカイチさんが

実際の現場にデビューします。

舗装前の工事現場を固めます。

本当は「青山通り」を固めたいらしいピカイチさんですが、

ちょっと無理がある(?)みたいなので、小型のローラー

「バイブロランマ」での締固めです。手動の、飛び跳ねる

みたいな機械。なかなか操作が大変そうです。

やっと「ローラー」に乗れるようです。

登場したのは2,5tの「コンバインドローラー」

ピカイチさん、ゆっくりと固めていきます。監督にも褒められ

ましたよ。

嬉しくて地面にキスしましたが、靴で、固めたところを掘って

しまいました。監督が直してくれるそうで、まあ、めでたしでした!

| | コメント (0)

危険物取扱者資格

最初の資格をゲットして、ご機嫌のピカイチさん。

スキップで登場しました。

今回は「デンジャラス」と自ら言う「危険物取扱者資格」に挑戦!

まずは、ガソリンスタンドでの研修です。

「いらっしゃいませ!」の発声練習から始めます。

「ハイオクでしょうか、レギュラーでしょうか、」の言葉から、灰皿の

受け取り方、窓ガラスの拭き方、給油の仕方などなど、いちいち

感動しながら学んでいますが・・・・・。

店長のシビアな指導に頑張ってついていきますよ。

ここまでが「基本マニュアル」らしいです。

そして、いよいよガソリンスタンドでの実習に入りますが・・・・。

時給900円で3時間ほど働くらしいですが、お客さんを待つ時間

を持て余しているピカイチさんです。

店長と並んでじっと立っているのが辛くなってきたようです。

やっとお客さんが入ってきました。

「ハイオクですか、レギュラーですか?」と聞いたのに、「タイヤ」

と言われて焦るピカイチさん。パンクしたらしいですね。

これは店長さんに任せます。

「この企画、失敗?」と言っていたら、お客さんがきてくれました。

今度はちゃんと対応できています。ガソリンの給油もうまくいき、

窓拭き、灰皿については、店長にサポートされながら、なんとか

終了。「満タン入りました!」と声も出て、いい感じですね。

車を誘導して車道に出して、やっと終わりました。

スタンドの実習は「僕には向いてない」というピカイチさんでした。

ガソリンスタンドの仕事は、嫌なお客さんもいて、なかなか

シビアなようです。

国家試験でもある「危険物取扱者資格」の試験への挑戦は

どうなるのでしょうか?

2週間ほど勉強した(らしい)ピカイチさんですが、試験に遅刻

しそうな時間にやっと登場。

アルバイト代2700円は、ちょうど受験料で消えました。

雨の中、試験場に向かいますが、「危険物取扱者資格丙種」

の試験はかなり難しいらしい。

マークシート式ですが、紛らわしい答えが多く、これは迷い

ますね。

日テレのアナウンサーの待つ廊下に出てきたピカイチさん。

時間より早めに出てきました。これはイヤな感じですね。

合格率50%だそうですが、受験番号67番は合格発表の

掲示板にあるのでしょうか?

数字に電気がついていれば合格ですが・・・・・。

ピカイチさん、覚悟を決めて、走って見にいきましたが・・・・、

ありません!

ありませんでした!

残念!

今回は不合格でした。

「後ろは見ない」というピカイチさんは、それでもガックリでした。

| | コメント (0)

小型船舶操縦士資格・4級

ギターを抱えて登場したピカイチさん。

今回は「海よ~ 俺の海よ~♪」と歌っていますよ。

また「国家試験」に挑戦です。

赤いスカーフが可愛いピカイチさんです。

1日目 学科講習

2日目 実技講習

3日目 学科試験

4日目 実技試験

学科講習に入りますが、昨日寝ていない、というピカイチさん。

大丈夫なのでしょうか?

「完璧に服装が浮いている」と矢島アナに言われてますが、

あくびを噛み殺しながら、・・・・・いや、もう寝ています、ピカイチさん、

教室の中で復習しながらの昼食ですよ。

気合を入れて、午後の講習に挑みます。

午後は寝ません。さすがです。先生の指名されて、一重つなぎ、と

いうロープの技を見せます。拍手があがっています!

4級ライセンスがあれば、水上バイクにも乗れるとあって、ピカイチ

さんも・・・、と言いたいところですが疲れて意気があがりません。

2日目 実技講習です。

ロープワークの実習や、船体外部の点検など出向前にすること

がいろいろあります。「ベリーグッド!」と言ってくれる先生がユニーク。

雨が降り出しましたが、ボートを運転してテンションがあがります。

「変針180度」「人命救助」の訓練。

(矢島アナは船酔い中)救助も「ベリーグッド」を貰いました。

大型船の起こした波がきて大騒ぎ。でも「操船」はよかったみたい

で、実技講習は終了です。

3日目 学科試験

「基本的な登場」というピカイチさん。

今日は気合が入って「ノーメイク」だそうです。

受験番号は66番。(落ちたのは67番だったので、それより

一歩前!だそうです)

すでに人が一杯の試験場。6科目の試験で合計500満点中

330点以上を取らなければならない試験です。

矢島アナの紙芝居による実況の中、試験が始まりました。

マークシートによる4択問題のようですね。

矢島アナが待つうちに1時間50分が経過。

ピカイチさんが出てきました。今回は自信ありげです。

結果は本人がカメラの前で確認するそうです。

さあ、スタジオで直接電話してみますが、まだ誰も結果を

知りません。

「66番の堂本光一さんですね、合格です!」

スタジオで歓声があがりましたよ!

67番の三枝プロデューサーも合格で、よかったですね。

4日目 実技試験

5t未満のボート操縦資格をゲットするために、ついに実技試験

の日がきました。

すっかり船長気分のピカイチさんです。

加山雄三さんからの激励メッセージもいただきましたよ。

「君は努力家だから大丈夫だよ」と言ってくださいました。

点検、ロープワーク、ハンドコンパス、操船、口述問題、という

実技試験にそなえて「ベリーグッド」の山田先生と勉強です。

で、試験の始まりです。

まず、ハンドコンパスで方位をみます。

船外の点検のあと、船に乗り込みます。

ピカイチさんの船を、山田先生や矢島アナがのる船が追いかけ

ます。

「蛇行」「変針」して「人命救助」 カッコイイピカイチ丸です。

最後の難関が「着岸」ですが、そのまま口述問題が出ている

ようです。「口述ボロボロでした」と言うピカイチさん。

「ちょっとヤバイかも」というベリーグッド山田先生。

大好評につき、またしても電話で合否の確認です。

「146番いかがでしょう?」

「合格です!」「147番三枝さんは?」「合格です!」

見事に頑張りましたね!

おめでとうございます!

| | コメント (0)

ソフトボール公認審判員資格・第3種

舞台は国士舘大学。

ピカイチさん、颯爽と登場です。

「スポーツマンシップにのっとった資格」だそうですよ。

しかも「キャ本的に”3種”」だそうです。

ソフトボール公認審判員というのは、1種から3種まであって、

1種 全国的大会の試合の審判

2種 地域的大会の試合の審判

3種 支部内大会の試合の審判

ピカイチさん曰く『ちょっとした試合』の審判らしい。

まず学科講習 2時間

   学科試験 45分

   実技講習 2時間

   実技試験 80分

受験番号「8」番のピカイチさんです。

今回のピカイチさんは、こんな感じ↓

(削除しました。)

まずは「学科講習」なんですが。

始まってわずか15分で、お休みになっているピカイチさん。

学科試験では、頑張らないといけません!

ルールブックを必死に勉強しますが・・・・・、試験会場から

かなり遅く出てきました。「ボロボロです」と語っています。

実技講習では、基本動作(構え、姿勢、ジェスチャーとコール)

位置及び動き(主審、一塁、二塁、三塁審判)を学びます。

いつものスタイルのピカイチさんですが、周りはTシャツや

ジャージで、ちょっと浮いています。

まずは、ランニングからスタート!

基本の姿勢と構えを学びます。

ピカイチさんは、カメラ目線の余裕でポーズしています。

・・・しかし、ソフトボール?と疑問も持たれながら、

ピカイチさんは頑張りますよ。

2時間立ちっ放しで、かなり疲れたようですが、講習が

終わり、実技試験に突入します。

まずは主審を務めます。

ポーズもコールも「すばらしい」と褒められています。

おっと突然雨が降ってきました。

「一度ベンチに入ろうか」とスタッフに勧められますが、

「いいよ、みんな濡れてるんだから」と拒むピカイチさん!

雨の中、塁審を務めますが、どうもポジショニングに難がある

みたいですね。

主審は、しっかりとできたようです。

終了後、雨の中を頑張ったことを褒められて「いい姿勢を

見せていただきました」と言ってもらえました。

さあ、結果発表です。

見事に合格して、審判員のワッペンをいただきました。

おめでとうございます!

 

| | コメント (0)

東京湾横断!

横浜ベイサイドから木更津へ、東京湾を横断しよう!と

いう企画です。しかもたったひとりで!

「ベリーグッド」山田先生と航海計画を立てます。

東京湾は巨大船舶の航行が多く、かなり迂回しないと

危険らしいです。

4級で乗れる最大級のボートに乗るピカイチさんですが、

矢島アナを無理やり道連れにしましたよ。

さあ、初航海に出発です!

港の出口に着きました。

「ベリーグッド」山田先生が追走してくれますが、なんと地図を

忘れたピカイチ船長。大丈夫なのでしょうか?

大型タンカーも航行する東京湾を突き進むピカイチ丸。

スピードと共にテンションも上がります。

観音崎灯台の付近で休憩を取ります。

のんびり釣りをしていると、どこからともなくひき波がきて

慌てたり、「釣れた!」と喜んでいたのはいいのですが、

錨を下ろすのを忘れていて、流されていたり。

けっこうピンチです。

いつの間にか観音崎灯台が見えなくなっています。

なんとかポジションを戻し、浦賀水道を横断します。

無事横断して、北上し、木更津を目指しますが、天気が

悪くなってきました。

雷が鳴ってきた上に、矢島アナが船酔い。

船長の権限で矢島アナに運転を任せますが、ちょっとヒヤヒヤ!

木更津航路に入ってきました。

目標の「赤い橋」が見えてきました。

出発から4時間。

ようやく木更津に到着しました。

初の東京湾横断おめでとう!

到着地で「もずく」を食べて・・・。これが「ご褒美」なのでしょうか?

なにはともあれ、

ピカイチ船長、お見事でした!

| | コメント (0)

チェーンソー伐木業務資格

その前に番組のタイトルが変わりました。

「GYU!と抱きしめたい」から「GYU!」になりましたよ。

まあ、それだけなんですけども。

さて、ピカイチさん、今回は

『根本的に・・・・ロマンティック』と言っています。

それが”チェーンソー伐木業務資格”

講習は厳しいです。12600円の講習費を払って、

1日目 学科講習8時間及び試験

2日目 実技講習8時間

最後にまるごと1本大木の伐採

今回は眠らずに真剣に講義を聞くピカイチさんです。

ところが・・・・・、お昼休みは学校の女性たちとお弁当。

「チェーンソーの威力!」と言ってますが、大丈夫でしょうか。

午後も全く寝ずに学科試験に挑戦します。

例によって最後まで粘るピカイチさんは試験場から一番あと

に出てきました。

合格者の名前が呼ばれます。

『どうもとさん』と呼ばれて、ホッと安心です。

点数を聞いてみると、なんと95点!

一問だけ間違えましたが、よくできましたpass

さあ、実技講習です。


実際に丸太を切ってみますが、まず「玉切り」に挑戦。

横になった丸太を上からチェーンソーを降ろして切り分ける、

というもの。ただし「キックバック」というチェーンソーがフイに

跳ね上がったりする現象に注意しなければいけません。

ピカイチさん、頑張りましたが「(キックバックは)Tバックより

すごいね」というコメントはどうなんでしょう。

次は「受け口・追い口切り」

立っている木に、横に切り込みを入れ、次に斜めから切り

込んで三角形を作る、というもの。

その三角形の切り込みを反対側から切って倒すわけです。

最終実技試験は、山に入って実際に大木を倒してみます。

ピカイチさんは山を歩くだけで『疲れた』と言っています。

まず準備体操。

伐採の手順は、「根張り切り」。根元の広がったところを切って

長方形にします。

その後、受け口を作りますが、途中でオイル不足のため、

チェーンソーが止まってしまいます。点検を怠ったことで

マイナスです。

さらに切り進めて、おおっ!大木が倒れていきます。

ピカイチさん、汗ビッショリです。

教官は「冷や汗をかきました」と言ってます。

そもそも木が倒れ始めたら、もっと早く退避しなければなりません。

マイナス10点の90点で合格でした。

修了証をいただいて、これで4つ目の資格ゲットです。

(締固め機械・海技免状・ソフトボール審判員・コレ)

おめでとうございますscissors

| | コメント (0)

トップページ | 2011年4月 »